まず、ハーブを育てて・・・



バジル

どんな風にハーブを使うにしても、まずその『ハーブ』が手元にないと使えませんよね。
もちろん今は、スーパーなどで生のハーブもドライハーブもたくさん売られているので、それを買って来て使えばいいのですが・・・
でも「自分で育てたハーブを使う」っていう方が、なんだかステキだと思いませんか?
私も、そんなに偉そうなことを言えるほど、たくさんハーブを育てているわけではないのですが、 『ハーブを育てる』なんて、難しく考えず、自分で気に入ったり、使ってみたい思った小さなハーブの苗を買ってきて、 ベランダガーデンをしてみてはいかがでしょうか。
たくさん収穫するのは無理ですが、まず「ちょっとお料理に使ってみる」くらいなら、育ってくれますよ。 ここでは、「苗から育てる」を紹介します








必要な道具


まずは いろいろな土を配合して作るのもありますが、ここは手っ取り早くハーブ用の土を買ってきて使いましょう
ハーブ用に配合されているので、通気・排水・保湿性に優れていて、これを使えはほとんど問題なしです。
次に、と、鉢の底に敷くネットと、鉢の底に入れる鉢底石
苗を買ってきたときには、ビニール鉢に入っているので、それを素焼きの鉢かプラスチックの鉢に植え替えます。
どちらかというと、通気性のいい素焼きの鉢の方がお薦めです。
ネットは防虫用で、排水用の穴をふさがない為でもあります。鉢底石は、水はけを良くする為に入れます。
あとは、ハーブの肥料。ハーブはそんなに肥料が必要な植物ではありませんが、少しは必要です。
他は、ジョウロシャベル手袋くらいでしょうか。。。
大切なこと忘れてました。育ててみたいハーブの苗



苗を買ってくる


ハーブのポット苗は、お花屋さんや、ホームセンターの園芸コーナーにあります。
ほしいハーブのポット苗を見つけたら、手に取ってよ〜く見てください。
まずは、葉をよ〜く見て、葉の色やつやがよく、茎が太く、節と節の間隔が狭いもの。
また新芽やつぼみ、葉の裏に虫がいないかも確かめて見てください。
また茎がしっかりしているもの、ポットの中が根でかちかちに固くなって、底の穴から出てくるぐらい根が張っているものはやめましょう。
植えても、生育が良くないことがありますから。
初心者には、ミント・オレガノ・タイム・レモンバーム・ローズマリー・バジルなどが良いと思います。



鉢に植え換える


@ ポット苗より2まわりほど大きい(5〜6号鉢)にネットを敷き、鉢底石を入れ、ハーブ用の土を入れる。
A 苗を植えつけた時に鉢のふちから土の表面まで2〜3cmのあきが出来るように考えて、土を入れる。
B ポットを底を少し持ち上げるようにして、苗を軽く持ち上げ、ポットから苗を出す。
  その時、苗の根の土を崩さずにそのまま土の入った鉢の真ん中に入れる。
C 隙間に土を入れ、軽く鉢をたたいて、土を落ち着かせる。
D 最後に鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水を与え、数日間は風の当たらない半日陰に置く。

 

育てる時の注意


水やり・・・土の表面が乾いてから葉にかけないように与えます。朝夕の温度が低い時間にあげるのが良いです。
      水のやりすぎは、根腐れを起こしますので、気をつけましょう。
肥料・・・・ハーブは、どちらかというとやせた土地で育った雑草だったものが多いので、それほど肥料を必要としません。
      でも、バランスの良いハーブ用の肥料が売られているので、それでも十分だと思います。
      ただし、口に入れる事を考えて、出来れば有機肥料を使うとよいとも思いますが。。。
虫がついたら・・・私は虫に食べられる前に、予防の為に、木酢液を500倍程度に薄めて、散布しています。
           もし、アブラムシを見つけたら、牛乳を8〜10倍ほどに薄めて、スプレーでアブラムシに直接かけます。
          あるいは、(少し勇気が要りますが)手袋をした指で、直接ムシをつぶしちゃいます。           



大きく育ったら・・・


鉢の底から、根が出てきたり、鉢が窮屈そうに見えたら、一回り大きな鉢に植え替えをしてあげましょう。
また、ハーブの種類によっては、株分けや挿し木などで殖やしてあげられるものもあるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、ミント・オレガノ・タイム・レモンバーム・ローズマリーは挿し木で増やせるハーブです。



Home ハーブについて まずは育てて・・・ 使い方 生活編 使い方 お料理編
ハーブのリンク集 <1> ハーブのリンク集 <2> ハーブを育ててみようのリンク集 ハーブティーのリンク集
生活編 ハーブの使い方のリンク集 ハーブを使った料理のリンク集 お役立ちいろいろリンク集 管理人の自己紹介